2年コース

2年コース概要

修業期間 2年
授業時間数 1520時間
始期・終期 4月~翌々年の3月
授業週数 76週
1週あたりの授業時間数(授業日数) 20時間(5日)
収容定員 40人(午前クラス20人/午後クラス20人)
クラス数 午前1クラス/午後1クラス
1クラスあたり最大数 20人

・1単位時間:45分
・午前クラスは9:00~12:20/午後クラスは13:30~16:50

レベル別名 授業週数 授業内容(概要) 使用主教材
1 初級Ⅰ 10週 ひらがな・かたかなの正確な表記や発音ができるようにする。
必要最低限の簡単な日常会話ができるようにする。
できる日本語初級
2 初級Ⅱ 9週 基本的な漢字の読み書きができるようにする。
短い文章を読み取る力を習得する。
初級Ⅰで身につけた文法や語彙を用いて、身近な話題の文章が理解できるようにする。
できる日本語初中級
3 中級Ⅰ 9週 自分の身の回りのことについて、説明し、感想を述べられるようにする。ある程度長さのある文章の読み書きを通し、まとまりで話すことを意識づける。自然な速さの発話を聞き取れる聴解力を養う。
日本語能力試験N3合格を目指す。
できる日本語初中級
4 中級Ⅱ 10週 より身近なことについて、議論し、ある程度の長さをもって自分の意見が述べられるようになる力を身につける。まとまりをもった談話の理解や話す力を養う。 できる日本語中級
5 中級Ⅲ 9週 身近な社会的話題について、他人の考えを理解し、まとまりのある意見を述べる力を養う。場面に応じて適切な表現を用いられるようにする。
日本語能力試験N2合格を目指す。
できる日本語中級
6 中上級 10週 ニュースなどの社会情報の大筋が理解できるようにする。
ある程度長い文章でも筆者の考えを理解できる力を養う。既習の文法や語彙を用いて、より適切に表現できる力を養う。
できる日本語中級
7 上級Ⅰ 10週 ある程度専門性のある文章を理解する力を身につけ、大学の講義が理解できるようにする。聞き手を意識した話し方ができるようにする。日本語能力試験N1合格を目指す。 上級で学ぶ日本語
8 上級Ⅱ 9週 大学などで必要とされる読解力や聴解力、プレゼンテーション力を養う。論文や新聞、ニュースを理解し、社会情報を得ることができる力を身につける。 生教材

2年コースのカリキュラム詳細をPDFで閲覧

時間割

午前クラス

1時限 9:00 ~ 9:45
2時限 9:45 ~ 10:30
~休み時間~
3時限 10:50 ~ 11:35
4時限 11:35 ~ 12:20

午後クラス

1時限 13:30 ~ 14:15
2時限 14:15 ~ 15:00
~休み時間~
3時限 15:20 ~ 16:05
4時限 16:05 ~ 16:50

学費はこちら

ご相談•お問い合わせはお気軽に

受付時間 00:00〜00:00

  • 各種資料ダウンロード各種資料ダウンロード
  • 06615051080661505108
  • メールお問い合わせメールお問い合わせ
  • 留学生の声
  • 日本の観光案内
  • 卒業生の進路
  • ニュース
  • ブログ
  • Facebook
  • Instagram
  • wechat